NSK富山株式会社

製品情報 Production Process

生産工程

鍛造から熱処理、旋削、加工までの一貫生産体制。

生産工程を支える主要設備と加工能力。品質・コスト・納期でユーザーニーズに応えます。

鋼材切断 鍛造(加熱・プレス・圧延)
鋼材切断
切断工程では多様な設備で、直径350mmまでの鋼材を種類・サイズに合わせて切断していきます。
鍛造
鍛造工程では、鋼材はまず回転式加熱炉により1,100℃以上で熱せられ、プレス機やローリングミル機によって外径100mmから1,500mmまで大小さまざまな鍛造加工を行っています。
熱処理(焼鈍) 旋削・マシニングセンタ 検査
熱処理(焼鈍)
焼鈍工程では台車式加熱炉により、球状化焼鈍を行っています。後工程となる旋削工程において、削りやすく、加工しやすいように成分の均一化を図るため、800℃程度の温度を適切に管理し、熱処理を行っています。
旋削
旋削工程では、NC旋盤とマシニングセンタを備え、外径100mmから4,000mmまでの材料に対して、様々な形状の旋盤加工、穴あけ、中ぐり等の加工を行っています。
検査
各工程ごとに測定器を用いて、寸法・角度・硬度等、お客様の品質要求に応える検査を厳しく行っています。さらに、出荷時においても最終の外観検査に至るまで適切に管理し、信頼ある部品として出荷しています。
鋼材切断
鋼材切断
切断工程では多様な設備で、直径350mmまでの鋼材を種類・サイズに合わせて切断していきます。
鍛造(加熱・プレス・圧延)
鍛造
鍛造工程では、鋼材はまず回転式加熱炉により1,100℃以上で熱せられ、プレス機やローリングミル機によって外径100mmから1,500mmまで大小さまざまな鍛造加工を行っています。
熱処理(焼鈍)
熱処理(焼鈍)
焼鈍工程では台車式加熱炉により、球状化焼鈍を行っています。後工程となる旋削工程において、削りやすく、加工しやすいように成分の均一化を図るため、800℃程度の温度を適切に管理し、熱処理を行っています。
旋削・マシニングセンタ
旋削
旋削工程では、NC旋盤とマシニングセンタを備え、外径100mmから4,000mmまでの材料に対して、様々な形状の旋盤加工、穴あけ、中ぐり等の加工を行っています。
検査
検査
各工程ごとに測定器を用いて、寸法・角度・硬度等、お客様の品質要求に応える検査を厳しく行っています。さらに、出荷時においても最終の外観検査に至るまで適切に管理し、信頼ある部品として出荷しています。

このページの先頭へ